RSS2.0

ブログ

ある学級の空き教室を見ると、板書が残っていました。その板書は、見やすい文字の大きさで、ノートの見開きで収まる量で、授業の流れがよく分かるものでした。地味なことですが、着実な授業を進めていただいている証があると嬉しくなります。
コロナウイルス感染症が流行して早2年がたとうとしています。現在オミクロン株が流行し、学校でも対応に苦慮している現状があります。そのような状況で、保護者の方々にはマチコミ等でお知らせを入れさせていただいておりますが、現在の対応状況を1日1回程度お知らせしていこうと当面の間は、学校からのお知らせを活用していこうと考えています。既に通知しているものもありますが、御了解ください。 1月 行事 ・21日 入学説明会は、通学班編成・物品販売もあるため、実施いたします。 ・22日 読み聞かせは、外部との接触を避けるため、中止といたしました。 ・24日 不審者対応避難訓練は、大きな人流を避けるため、中止といたしました。 ・28日 薬物乱用防止教室は、外部との接触を避ける、大きな人流を避けるため、中止といたしました。 ・音楽の歌唱や家庭科の調理実習は、感染症予防の為にしばらく休止しています。  
図書室で、給食委員会・環境委員会の2つの委員会が発表を発表をしてくれました。給食委員会は、活動報告と学校給食週間について報告をし、地場産野菜が出ることを報告していました。環境委員会は、活動内容のクイズと「月曜セットは廊下のフックにしっかりかけよう」「水道の蛇口は使い終わったら下に向けよう」等の環境に関わる呼びかけを行いました。2つの委員会とも自分たちの伝える内容を精査してコンパクトにまとめていました。
今日は、5・6年生の委員会活動の日でした3学期最初の委員会活動なので、計画づくりを行う委員会がほとんどでしたが、中には、ポスターを作成したり、流しの清掃を始める委員会など、工夫して活動が行われていました。
今日は、全学年がCRT検査の日です。学習指導要領に示された基礎的・基本的な内容の到達状況を、適切に把握できるよう作成された学力検査です。確かな学力の育成という立場に立ち、特定の教科書に準拠することなく作成されていて、基礎的基本的な学力の測定が出来ます。丹荘小学校では、指導方法工夫改善に役立てていきます。
6年生は、休み時間や身体測定が終わって授業が始まるまでのわずかな隙間時間を見計らって読書しています。素晴らしい習慣だと思います。家でもこれを実践して欲しいです。こんな本を読んでいる子もいました。
1年生が1・2組で版画を行っていました。版画と言っても本格的なものではなく、切り取った型紙の周りを色づけするという版画です。配置を考えながら、動きのある作品が出来がりました。  
新学期が始まり、身体測定が行われています。その中でも、6年生は、小学校生活最後の測定になります。6年生男子は、急激に身長が伸びた子も多く、大人のようでした。
今日の始業式は、コロナウイルス感染症対策として、オンラインで行いました。今日の始業日の様子からですが、3学期の抱負を書いたり、学習を行うクラスがあったり、様々でした。しかし、多くの子が、元気よく登校できたのが何よりです。今年も丹荘小学校に関わる皆様には、様々な御支援・御協力をよろしくお願いいたします。
2学期から始められたトイレ工事も前期分に当たる西側トイレ・職員用トイレの工事が明日で完成します。児童の皆さんに不便をおかけしましたが、3学期のスタートは、新しいトイレの使い始めでもあります。主な改修工事の内容は、トイレ内全部を一新し、障がい者用トイレの設置、ライトが人感センサー、流すのがタッチセンサーを使うようになっています。
1・2年生合同で秋まつりをしました。この日のために、どんなお店にしようか企画し、たくさん準備をしてきた1・2年生。お店に来てくれる人たちのことを考えて、2年生は、1年生に優しくルールを説明し、応援したり温かい言葉をかけたりしていました。そんな優しい2年生の姿を見て、1年生も楽しく秋まつりをすることができました。
ライフプランニングとは、学校では聞きなれない言葉ですが、今日、4年生が「いがらし行政書士事務所の五十嵐清美先生」に御来校いただき、金銭教育・キャリア教育等の内容を合わせたライフプランニングについて御指導いただきました。事前に丹荘小学校のことを調べていただき、話の展開も子供たちとのやり取りの中で進めていただきました。ライフプランニングとは何か?なぜライフプランニングは必要なのか?ライフプランニングの立て方を知る等の内容でした。そして、最後に五十嵐先生の小学生時代の文集を用いて、将来の夢についての考え方をお話いただき、まとめていただきました。また、今回講師を務めていただいた五十嵐先生は、ほんじょうFM(89.3MHz=はぐくみラジオ)で、月曜の朝7時30分よりの放送に御出演され、丹荘小学校での取組をご紹介いただけるそうです。
今日の天気予報では、かなりの冷え込みとの予報でしたが、風もなく穏やかな日和の業間休みでした。子どもたちは、そのような状況を楽しもうと外に出て遊んでいました。今のブームは、縄跳び・鉄棒でした。主には、低学年が中心ですが、子どもたちからは、笑顔がこぼれていました。
今日は、給食に出ている神川産のブロッコリーの紹介が行われました。このブロッコリーの生産者は丹荘小学校の保護者の方です。映像も鮮明で、つぼみが成長して食べられるようになることやクイズなど、とても良い取組でした。給食センターの染野先生・ブロッコリー農家の小林さんどうもありがとうございました。
今日は、2学期最後の読み聞かせでした。子どもたちは、お話を食い入るように聞いていました。本離れが叫ばれていますが、本と子どもたちがつながることが出来れば、本からは離れないのではないかと思いました。本と子どもたちをどうやってつなげるのかが課題です。冬休みは良い機会ですので、お手伝いの後は、読書を習慣にしていただけると幸いです。  
今、校内に郵便ポストや郵便受けが設置されています。これは、2年生の生活科で郵便の勉強をしています。仕組みの勉強というだけではなく、手紙をもらうとうれしいことなど様々な内容を含みます。この勉強が年賀状などにつながると良いと思います。
給食センターから栄養教諭の先生が来てくださり、食育指導をしてくださいました。 「好き嫌いをしないで、何でも食べよう」という内容で、食べ物には3人の妖精がいて、赤・黄・緑に分かれて体の中で働いていることを知りました。 子どもたちは好き嫌いを減らすための目標を決め、これから頑張っていきたいという声が聞こえてきました。 金曜日には、今週の給食を振り返ったワークシートを持ち帰ります。保護者の方より一言書いていただき、月曜日に持たせてください。ご家庭でも好き嫌いしないで食べられるよう励ましの言葉をかけていただけると幸いです。  
4年生の図工で、版画の授業が行われていました。傍らにはタブレット端末が置かれ、前には、書画カメラや大型テレビ。ちょっと前まででは考えられない授業です。4年生で初めて版画の授業をするので、人物や風景を彫るのではなく、たくさんの部屋を作ろうという授業内容で、進んでいました。タブレット端末に下書きを書いて、鉛筆→マジックという順で板に線を描いていました。仕上がりがとても楽しみです。
5年生では、11月から自分の好きな本を紹介する「ビブリオバトル」を行ってきました。 聞き手の心をつかむような言葉や話し方をしたり、聞き手に「みなさんは~ですか。」などと問いかけたりしながら話し、たくさん工夫をして紹介することができました。 決勝戦では、各クラスの代表が発表しましたが、だれがチャンピオンになってもおかしくないくらい接戦でした。 聞いている子は、紹介された本の気になったところを質問し、興味を示していました。発表が終わった後やチャンピオンが決まった後は、温かい拍手を送っていました。 たくさんの本と出会うことができ、とてもよいバトルになりました。        
6年生の教室では、今、修学旅行での自由行動の計画づくりの真っ最中です。2年ぶりに行われる自由行動ですが、なかなかコースの選択がユニークでした。例えば、このお寺の苔が有名等、見るべきもので選択したくしたり、歴史的に有名なお寺に行こうと計画したり、是非、御家庭でもお話を聞いてみてください。
今日は、読み聞かせボランティアさんである「おはなしボックス」の皆さんに御来校いただき、読み聞かせを行ってもらいました。高学年でも読み聞かせ?と思うかもしれませんが、5・6年生も集中して聞いていました。児童に感想を聞いてみると「楽しかった」「面白かった」等、読み聞かせに対し、好意的な回答ばかりでした。
朝、学校内を回ってみると、どの学級からも話声が全く聞こえません。各学級で、朝の学習に取り組んでいました。静かに問題と向き合っていました。基礎的な文章の読みなどの力を高め、授業ではユニット学習でしっかりと話し合うこれが今の丹荘小学校の学習スタイルの1つです。
今日は、持久走大会が天候に恵まれた中で、実施されました。低学年~中学年~高学年と順に日頃の成果が発揮されていました。走り切った子どもたちには、充実感があふれ、体育の授業を超えた良さがあると思いました。家に帰ったら、是非、みんなをほめてあげてください。
今日は、神川中学校の染野栄養教諭にお越しただき、食育授業を行いました。クイズを交え、2年生にも分かりやすく指導いただきました。より一層給食がおいしく食べられるでしょう。
6年生もかなり英語による授業に慣れてきて、稲葉先生が英語で「昨日はお休みだったので、家族と出かけました」という内容のやや長い話をしたところ、子どもたちは内容が理解できた児童がほとんどで、英語で「私は昨日〇〇した」と答える等、英語への垣根が低くなっているように感じました。
1年生の音楽では、鍵盤ハーモニカの実技試験が行われていました。先生が、CDデッキを持って、音楽に合わせて鍵盤ハーモニカを演奏し、テストを行っていました。その間に、他の児童は、国語の授業の「じどう車ずかん」の表紙を描く作業を行いました。無駄なく時間を有効に使っています。
今日の国語の授業で、個人で選んだ車の「しごと・つくり」を書き出すという学習のまとめのような授業をしていました。みんな苦労しているようでしたが、なんとか表にまとめられました。読みとるということはすべての学習の基礎ですので、頑張ってほしいものです。
毎週金曜日は、読み聞かせボランティアさんにお世話になり、読み聞かせを行っていただいています。今日は、なかよしと1年生の4クラスでした。子どもたちは目を輝かせ、本の世界へ入り込んでいました。おはなしボックスの皆さんどうもありがとうございました。週末に読書をしましょう。
今日、校庭側の池の近くに畑を作りました。体育館脇にある畑に日当たりが悪く、収穫量が落ち、水くれが大変である等の理由からです。この開墾作業が思いのほか大変で、芝の根があったり、浅い位置に石がたくさん埋まっていたりしていたからです。そんな困難な状況に対して、なかよしの児童が頑張ってくれました。大きなスコップで懸命に掘りながら畑を整備してくれました。来年は、たくさんのさつまいもが取れるといいですね。
今日は、日差しが温かく、持久走大会の試走をするにはやや暑いかな?という陽気でしたが、すべての学年で試走を行いました。試走が必要なのか?という疑問をお持ちの保護者の方がいるかもしれませんが、他校で試走を行わずに本番を行い、トップ集団の子たちがコースを誤り、途中でコースの修正を指示したため記録が取れないという事案が起きました。本番では、考えずに前の子についていくというような信じがたいことも起こる可能性があります。それを防ぐものです。大会当日は、保護者の方の参観も可能ですので、マスク着用で、体調管理していただき、静かにご覧下さい。
今日は、秋晴れの空の下で、子どもたちが業間時間に友だち集会を楽しみました。鬼ごっこするグループや花いちもんめ、じゃんけん陣地取りなどグループごとで決めた内容を楽しみました。とてもいい笑顔で活動できました。
11日(木)の3時間目に、児玉郡市漁業協同組合の方々をお招きして、さけの飼育説明会が行われました。教室でメダカや金魚などを飼っている2年生の子どもたちは、説明会の前から今日を楽しみにしていました。漁業組合の方に、さけの卵を育てるために必要な道具や心構えなどを丁寧に指導していただきました。さけの卵は12月8日に届く予定です。飼育するのが楽しみですね。
今年で90周年を迎える「前進座」という劇団に来てもらいました。 体育館のスペースの都合で、4~6年生が鑑賞しました。 前半は、「歌舞伎の楽しさ」を教えてくれました。「みえを切る」やり方を教えてもらい、子供たちも頭で「の」の字を書き、練習してました。 後半は、創作歌舞伎「牛若丸」を鑑賞しました。「かぶき」という言葉は聞いたことがあっても、多くの子が見たことない様子で、驚きの表情で見ていた子もいました。
今朝は、児童集会ということで保健委員会の児童がリモートで行ってくれました。その内容は、睡眠でした。たしかに季節の変わり目で、体調の不良を訴える児童や元気のない児童が目につくようになってきた印象があります。合言葉は、9時までにねましょう!でした。しっかりと実践ほしいものです。保健委員会の皆さんありがとうございました。
今、コロナウイルス感染症対策で一時休止していたクラブ活動も再開されています。あいにくの雨で活動が本来の場所で行えないクラブもありましたが、いつもと違う仲間と楽しく活動できていました。手芸クラブはマスク入れ、図工クラブはイラスト制作、パソコンクラブはタイピング練習、太鼓クラブはぶち合わせ太鼓の練習を行いました。
今日の業間休みは、雨で外に出られません。担任の先生がNHKのサイトから読み聞かせを電子黒板を使い、見せてくれました。みんな落ち着いてお話を見ていました。
昨日に続き、金澤先生に書きぞめの御指導をいただきました。書いては指導いただき、書いては指導いただきを繰り返し、1時間ですが、書きぞめの技術が向上しているのが見て取れます。
外国語が正式な教科となり、以前は、言葉による評価が行われていましたが、今では、テストも行われるようになりました。ヒアリングテストもあるなど、本格的です。これからのグローバル化の流れの中で生きる子どもたちには、必要なものとなります。頑張れ高学年。
現在、丹荘小学校のトイレ改修工事と防災倉庫の設置工事が並行して行われています。今週からは、平日も工事が入るようになりました。トイレには、壁を作りながら工事を進めていただいておりますが、音はどうしても漏れてしまいます。出来るだけ授業に支障の無いように配慮しながら工事を行っていただきます。
気が付けば、今月も残り2カ月となりました。今日初めて書きぞめを3年生が外部講師である金澤先生に御指導いただきました。金澤先生は、元小学校教師で、書道の指導に精通されている方です。子どもたちにまず書こうではなく、今年の手本をもとに「大きく・のびのび・形良く」「どこに筆を置いて、どこまで」「ほさきの向き」「つながりをいしき」など、3年生にも分かりやすく・丁寧に御指導いただきました。子どもたちにとってもとても充実した時間となったはずです。
今日は久しぶりに、おはなしボックスの方々にお世話になり、読み聞かせを実施できました。高学年が中心でしたが、小さい学年から読み聞かせに慣れ親しんでいるので、とても集中して聞けていました。その他の学年も読書に取り組んでいました。週末にはテレビやゲーム、YouTubeでなく、読書に親しむ時間を設けてください。
朝、登校途中には、多くの人にお世話になっています。駐在の市東さん、落合さん、新井さん・・・たくさんの方にお世話になっています。是非、感謝の気持ちをあいさつで返せるように元気に挨拶してください。
今日は、オンライン全校朝会が行われました。その内容は、人権に関してでした。他者の人権を認めるもっとも簡単な方法は、挨拶ですと話がありました。挨拶は互いに交わせば、その人のことを認めていることになりますし、丁寧な挨拶は、積もり積もれば信頼に変わりますというような話でした。これから実践をしていきますので、御家庭でも御指導ください。
今朝は、図書委員がGooglemeetを使い、委員会の発表をしてくれました。今月は、読書月間ですの多くの本を読みましょうと呼びかけてくれました。また、紙芝居も披露してくれました。図書委員会の皆さんご苦労様でした。
今日は、6年生が、県税事務所の方を講師にお呼びして、租税教室を実施しました。国や県や市町村のお金がどのように使われているか、身の回りのものをもとに、税金の使い道を調べ、税金が自分たちの生活にいろいろと役立っていることを知るため、税のしくみと予算、税金クイズ等、子ども達が楽しく1から学べるように工夫されたものでした。お話を聞くと、近隣の学校でもあまり実施されていないようで、貴重な体験が出来ました。
1年生は、週1回図書室に来ています。本に親しみ、本を読む習慣をつけるために行っています。この習慣は、とても大切な事なので、御家庭でもご協力ください。
次の2枚は、空き教室の様子を写したものです。1枚は、算数の授業後、もう1枚は、観察に出かけた後の様子です。どちらも整然と机やノートが並んでいたり、板書がしっかりとされた様子がわかったりと細かな指導を入れてくれているのが分かるものです。
今日は、6年生の卒業アルバム撮影の日です。ちょうど教室をのぞいた時間は、個人撮影の時間で、6年間の思い出に残るグッズやユニフォーム等を準備して撮影していました。カメラマンさんもベテランの方で、子ども達を笑わせながら連写で撮影をしていました。子ども達にとって小学校生活を振り返るときの重要なアルバムです。これからクラブ・委員会と撮影が続きます。子ども達にとって良いアルバムづくりにしたいです。
コロナウイルス感染症対策で、久しぶりの友だち集会でしたが、あいにくの空模様で、外での活動を教室に切り替えるよう、朝、放送が入りました。6年生が考え、室内宝探し・イラストしりとり等、教室でも楽しめる活動を実践していました。6年生に聞いてみると、人数が多いので、活動を考えるのは難しいけど、低学年の時には、6年生が考えてくれていたので、自分たちも頑張ると話してくれました。丹荘小学校の良き伝統です。
金曜日の朝は、読書活動です。本来であれば、読み聞かせボランティアさんにお世話になり、読み聞かせを行ってもらう予定でしたが、10月中は、中止している状況です。しかし、子ども達は、各教室で読書に励んでいます。先生も一緒に読書をしています。週末、家族でも読書をしてみてください。
今日は、5年生の家庭科でミシンボランティアで地域の方にお世話になりました。実技指導を班に1人の割合で行っていただき、学習が格段に進みました。この後も、何度もお世話になります。よろしくお願いいたします。
生活科の時間に、学校の校庭で秋見つけの学習を行いました。 松ぼっくりやコスモス、色の変わった葉っぱなど、いろいろな秋を見つけて楽しんでいました。
放課後、各クラスを回っていると、4年生の2つの教室の黒板に板書がしてありました。1つは、明日、出張でいない担任がクラスのみんなを意欲づけるための板書。もう1つは、今日の頑張りを認める板書。どちらも何気ない優しさですが、子ども達には、確実に伝わる思いです。
教室をのぞくと、先生がオルガンを弾き、子ども達が教室で体操を行っていました。そこで先生に尋ねると、これは、「音楽リラックス体操」ですという答えが返ってきました。どうやら、リラックスをすることで良い声が出やすくするようです。出来るだけ早く、マスクを外して子ども達の歌声を響かせられたりいいなと思いました。
朝、1年生は、「写し丸」を行い、6年生は、「コラム学習」を行っていました。6年生の机の上には、「辞書」がありました。6年の成長は、大きいことを実感させられました。
保健委員会の児童が、朝、玄関に立ち呼びかけを行ってくれています。内容は、「しっかりとマスクをしよう!」という内容です。コロナウイルス感染症の患者数が一時的に減少しているようですが、この保健委員会の取組は、今までの玄関で消毒に加え、とても大切な感染予防策です。今後も頑張ってもらいたいです。
晴天の下、今日は5年生が梨の収穫体験に出かけてきました。収穫させていただいた梨の種類は、「王秋」と「新興」という種類です。「王秋」は、果肉が白く・柔らかいのが特徴で、「新興」は、身がやや大きく・シャキシャキとした触感が特徴の梨です。子ども達は、ランリュックを背負い、中にはタブレットをいれて、楽しそうに出かけていきました。収穫体験にも意欲的に取り組めました。今後は、今日までの体験記録等をまとめていきます。お世話になった梨農家の荻野さんには、大変お世話になりました。
なかよし合同生活単元の時間に、畑のうねづくりと大根、人参、かぶの種まきをしました。 ふかふかに耕してあった畑に入り、みんなで協力して、うねにしていきました。 大根と人参は種のまきかたが違うので、役割分担して丁寧にまきました。 まいたあとに、交代でたっぷり水をあげました。大きく育つのが楽しみです。
6年生が算数のテストを返していました。担任の先生が、全体に向けての解説を行い、その他の先生が、個別に子ども達の周りをまわり、例をあげながら補足していました。当たり前のことですが、個に手が回ることは、今後のやる気にもつながります。
1年生の教室で元気な英会話が飛び交っています。ルシェル先生が月1回程度、1・2年生の教室を訪問し、英語活動として楽しくゲーム等を行ってくれています。ルシェル先生が名札を配るだけでも大喜びで、名前を呼ばれ、「YES!」と大きな声で返事をして受け取っていました。その後の活動も盛り上げっていました。低学年は、英語に対し抵抗が無いということを感じました。
今日の2時間目休みに、高学年が委員会活動をおこなっていました。丹荘小学校の伝統である児童会活動、今も昔も変わらず、児童が自分たちが学校を運営するという気概を持ち、活動に取り組んでいます。一例をあげると、代表委員会は、大掲示板の模様替え、保健委員会は、フッ化物の準備、園芸委員会は、秋に植える花の話し合いをとそれぞれ考えられた活動を行っていました。
何度もブログにもアップされていますが、朝学を行いました。なかよし学級も頑張って取り組んでいました。先生方も朝から指導を熱心に取り組んでいます。子ども達も真剣に頑張っています。
令和4年3月の完成を目標にトイレ改修工事が始まりました。手始めに校舎西側のトイレが1階~3階からスタートしました。土日の間にトイレの内装を剥ぐ工事を行い、今のところは、入り口がふさがれていること以外に実感が無いと思います。校舎内には工事関係者が歩く場所をブルーシートで区切るなど、本格的な工事に備え準備が進んでいます。教育相談で来校される場合などには、御不便をおかけしますが、協力をお願いします。
2年生が図工で「ゴムゴムパワー」という作品作りをしていました。立ったり・椅子に座ったり・床で転がしたりと、作るだけではなく、遊べる作品づくりで充実した授業でした。
3年生の算数を見ていると、先生が問題を書き終えると同時に、答えを言いたい意欲的な子が何人もいて、活気ある授業が行われていました。ユニット学習の最中に、説明を求めると、しっかりと説明ができるだけでなく、聞く態度も良かったです。これからが楽しみになりました。
図書室をのぞくと、1年生が読書をしていました。週末に向けて本を借りに来てそのまま読書を行っているようです。本離れが進んでいることを指摘されていますが、学校では、読書の楽しさを教えられるように、低学年で重点的に取組を行っていきます。
今日の運動会写真2本目です。低学年の「エビ!カニ!玉入れ」です。初めてと入り入れたときには、ここまで長く続くと思っていなかったと思いますが、もはや丹荘小学校の定番種目となりました。他学年も応援席でダンスをしながら見ているなど、とても微笑ましい競技でした。
今日から数日間で、運動会の際の写真を公開していきます。かなりの枚数があるため、ブロックごとに種目を区切り、公開していきます。今日は、高学年の団体種目「丹荘卍チャレンジャーズ」です。 ※運動会の写真は、今後、ネット販売が行われます。詳細は後日連絡いたします。
1年生でもタブレット端末を活用した授業が行われています。まだ取り掛かりに時間がかかるようですが、これからを考えると、少し時間がかかっても使い方の約束も含めてゆっくり学習させていきたいと思います。
朝か教室を回ると、熱心な指導の様子が各教室で見られました。問題を解説する先生・問題を解き終わった児童にタブレットでドリル学習をさせる先生。先生方の熱意が伝わってきました。また、子ども達もそのルーティンで落ち着いて取り組めていました。学習の教材は、コラム学習・読売ワークシートなどです。
今日の全校朝会は、リモートで行いました。「6176」という数字にかけて話をしました。この数字は、昨年までの卒業生の数です。卒業生の方に毎年、本を寄贈してくれている方がいます。その先輩の思いにこたえるためにも、自分のためにも「読書の秋」にしてくださいというお話でした。
5・6年生では、運動会の表現で扇子を使った演舞とソーラン節をやります。 練習中はとても集中していて、感心しています。 難しい振り付けは、授業だけでなく休み時間も進んで練習しています。 当日は、自分の名前の文字が入ったはっぴを着て、みんなで息を合わせて踊りたいと思います。      
図工の時間に、丹荘小学校の校舎の絵を描いています。 ひとりひとりが好きな角度で校舎の写真をタブレットで撮り、それを見ながら下書きや色塗りをしています。 同じ校舎でも、角度や色合いが違うので、個性ある絵になっています。 仕上がりが楽しみです。          
丹荘小学校のALTは、ルシェル先生です。朝、英語教室をのぞくと、電子黒板で研修中でした。子ども達に分かりやすい授業を提供するために、日々努力中です。
丹荘小学校では、通称「朝学」と言われる「朝の学習」が週3回行われています。9月は、忙しい時期ではありますが、各学年でしっかりと勉強しています。この「朝学」の特徴は、ただプリントをやらせるのではなく、先生がしっかり解説し、高学年になるとショートのユニット学習を行ったりと、しっかり手間をかけています。このような取組の積み重ねが、学力の向上につながっています。
2年生の生活科では、「うごく おもちゃを つくろう」という学習をしています。紙コップや牛乳パック、紙パックやペットボトルなど、身近な材料を用意し、工夫しておもちゃ作りをしています。今日は、紙コップ2個、輪ゴム、ビニールテープを使って、飛び出るコップ(ぴょんコップ)を作りました。紙コップにカエルやウサギ、バッタやロケットなど自分が好きなものを描いて作成しました。出来上がった後は、みんなで飛ばして遊びました。微妙な力加減で跳ぶ距離が変わり、遠くまで飛ばしたり、着地ゾーンを決めて着地させたりと楽しく遊ぶことができました。次回は、違うおもちゃを作ります。どんなおもちゃを作るか今から楽しみですね。
今日は、神川町民謡連盟の6名の方々にお世話になりながら、神川音頭をご指導いただきました。この講師の方がは、6名ともワクチン接種を済ませており、ソーシャルディスタンスの確保もお願いしました。この神川音頭は、町内で行われているのは、丹荘小のみとなり、少しさびしい気持ちもします。今から2年前の運動会では、この神川音頭の音楽がかかると、保護者・高学年が誰に促されるでもなく輪になり神川音頭を踊る姿は今でも忘れられません。コロナウイルス感染症対策で当該学年のみの踊りとなると思いますが、今後の為に続けていければと思います。
6年生教室では、社会科でちょうど、鎌倉のことを学習していました。緊急事態宣言が出なければ、この学習を経て、いざ鎌倉という流れだったのだなと残念に思えました。しかし、丹荘小では、6年生対象ですが、12月に日帰りですが、鎌倉方面への旅行を考えています。もう少したったら、コース等を示して、参加意思の確認をします。  
3年生の教室では、郷土を描く美術展作品作りが大詰めを迎えていました。校庭のシンボルツリーであるケヤキを中心に、様々な思いを絵にしている姿が見られました。テクニックではなく、思いを表現するそんな言葉が当てはまるように感じました。
学級は違いますが、昨日と同様に5年生の算数を見てきました。12cmと18cmの長方形に正方形をしきつめます。すき間なくしきつめるには1辺の大きさはどれだけですか?という問題でした。5年生の先生方に今、お願いしているのは、様々なヒントを出しすぎないようにしてもらっています。本校の算数では、「問題を読む・課題考える・見通しを持つ・問題解決させる・まとめさせる・ふりかえりをさせる」がセットになっているのですが、クラス全員での見通しを持たないようにして進みました。子ども達は、1つ、また1つと条件に合う正方形を見つけ、更に、2つの数字の小さいほうに注目すれば良いこと等、単に答えを出すだけではなく、法則のようなものはないか?と考えを深めていました。やはり手ごたえのある問題は、子ども達をやる気にします。
今日は、5年生の算数を1時間かけてみました。教材研究がなされ、5年生担任2人と担外1名、支援員1名で良い授業が展開されていました。2・3・4の3つの数の最小公倍数を見つける方法を学習するものでしたが、この3つの数字は、最小公倍数を見つけることが容易で、ハードルはかなり低めです。そこで、ここまでをあまり時間をかけず、ジャンプ問題(難しい問題)に挑戦させることをメインに据える展開を工夫していました。難しいと子ども達は諦めるのではなく、自分の意見を出し合い、その中から、大きい数を注目して求めていこう等、良い意見が出し合えました。子ども達の学びに向かう姿勢、教員が意見を引き出すの姿勢を見て、とても頼もしく感じました。
今日は、全校挙げてのクリーンタイムでした。久しぶりに晴れている下での活動に「暑い・暑い」を子供たちが口々にしていました。運動会に向けての校庭の石拾いでしたが、落ち葉も集めました。
理科室では、子ども達が直射日光を避け、顕微鏡をのぞいていました。花粉を見ていたようです。そして、それをスケッチしていました。全員がしっかり見られたようで、楽しい観察となったようです。
2年生の教室では、子ども達が牛乳パックを「固いな」「きりにくいな」と言いながら、切っていました。切った牛乳パックに輪ゴムをつけ、飛び跳ねるおもちゃを作っていたようです。子ども達は、作るのも楽しみ・作った後も楽しんでいました。
電子黒板は、今や授業の必需品となりました。先生方もそれぞれの教科で、それぞれの活用方法を見出しています。この社会科の授業では、書画カメラを使い、教科書を提示するという方法で活用されていました。
コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発出された時点で、体育や運動会練習の開始を2週間先延ばしにしていましたが、いよいよ今日からスタートしました。ちょうど、暑さや天候不順もあったんで、ちょうどよい開始時期になりました。1時間目の2年生は、リレーの選手を決めるためのタイム計測を行っていました。
生活科の学習で虫とりをしました。ユニットという班の友達と協力して虫を見つけたり、捕まえたりしていました。捕まえた後は、虫のからだや色などをよく観察していました。
今日は、朝読書の時間を変更して、コロナウイルス感染症の講義を小田養護教諭に行ってもらいました。子どもたち、特に低学年の子どもたちには、コロナウイルスに注意と言われても、断片的対策の話を聞くことが多いので、どんな感染症で、どんな対策をしていくのか等を分かりやすく話してもらおうという意図もあります。子どもたちにも分かりやすい言葉を選び、パワーポイントを使い話しました。子どもたちも興味を持ってしっかり聞けていました。学校は、教育の場です。対策もしますが、教育も行う良い取組だと思います。写真は、リハーサル・教室の電子黒板の準備も差し込みました。
今日のある時間の授業風景をお知らせします。1年生の算数・6年生の理科「月の動き方」・5年生の社会「調べ学習」・2年生の書写・5年生の図工の様子です。  
1年生も英語活動をしています。月1回程度ですが、子供達はとても楽しそうです。ピンクを探してタッチしようという活動では教室内にあるピンク色を我先にと動き回っていました。英語は、早いうちになれることが大切だなと感じさせられました。
現在、丹荘小学校のなかよし学級は、現在4学級です。授業を覗いてみると、秋の飾りつけを作成しているクラス・図工を行っているクラス・国語を行っているクラス・生活単元をしているクラス。色々な授業を展開していました。子供達が集中して取り組んでいる様子が印象的でした。